排水異常を事前に察知する

東大阪水道

排水をした時に排水口から異音がするケース

便器の封水の水位が下がりすぎている場合には、毛細管現象によって水位異常が定められることもありますし通気不良とともに排水管の詰まりを疑わなければなりません。
便器の排水口から下水のような異臭が発生している原因にも排水管内で何らかの物質が腐敗していると考えて対処する必要が出てきます。
水を流した時にゴボゴボという音が聞こえてくるなど身に覚えがある方は、注意が必要になってきますし、ボコボトといった音や排水が流れなくなっているような音がして、通常ではあり得ない異音が発生する場合にも排水管内の詰まりが原因で異音がしているかもわかりません。
ぬめりや臭いまで解消するパイプ洗浄剤がホームセンターやドラッグストアなどで販売されていますので、それを使っても改善することがなければされなければ加圧式のパイプクリーナーを試してみるといいでしょう。
加圧式のパイプクリーナーは、真空ポンプとも呼んでいて手動で加圧をして排水経路の詰まりを解消する道具です。
電気を使わずに安全に使える製品でホームセンターで購入することができトイレだけでなく風呂場や台所の流し台などの排水口の詰まりにも活用できる優れた便利アイテムです。
簡単な操作で空気を圧縮して詰まりを解消できますが、排水経路で流れを妨げている原因を特定するためのツールではないので根本的に不具合を取り除けると断言することができません。
排水の流れが極端に悪くなっていたりトイレの詰まりが頻繁に発生するのだの水トラブルが繰り返されてしまう場合には専門業者に依頼をし早めに原因を特定しておいたほうが無難だといえるでしょう。
様々なケースで排水の詰まりが発生する兆候が見受けられる場合もありますので無視せずに異音がしている原因を特定するのを良い事ではないでしょうか。

取扱いメーカー一覧

排水中に異音がしてくる関連性

排水中に異音がする場合、原因として考えられることはいくつかあります。

1つ目は排水管の詰まりです。排水管が詰まっている場合、水が流れにくくなり、水が詰まった箇所で音が発生することがあります。

2つ目は排水管に穴が開いている場合です。排水管が腐食して穴が開いたり、劣化して亀裂が入ったりすると、水が通る際に異音が発生することがあります。

3つ目は排水管が変形している場合です。建物が古くなってきたり、地震などの自然災害が原因で建物が揺れた場合、排水管が変形してしまうことがあります。排水管が変形すると、水が通る際に異音が発生することがあります。

異音がする場合は、できるだけ早く専門家に相談し、原因を特定して修理を行うことが大切です。放置しておくと、詰まりや漏水などの大きなトラブルにつながることがあるため、注意が必要です。

よくある排水管からの異音の原因
排水管からの異音の原因として、以下のようなものがあります:

・水の流れによる音: 水が急速に流れるときや曲がり角を通過するときに、水の流れによる音が発生することがあります。これは一時的な音であり、通常は問題ありません。
・空気の逆流: 排水管に空気が逆流すると、ブクブクという音が発生することがあります。これは排水管内の空気がトラップなどで遮られずに逆流することによるもので、排水系統の設計上の問題やトラップの不具合が原因となることがあります。
・管内の異物や汚れ: 排水管内に異物や汚れがある場合、水の流れや圧力によって異音が発生することがあります。異物や汚れが管内を通る際にこすれたり振動が生じたりすることで、音が発生することがあります。
・排水管の不良: 排水管自体に亀裂や破損がある場合、水の流れや圧力によって異音が発生することがあります。排水管の老朽化や劣化、設置不良などが原因となることがあります。

異音が継続的に発生し、不快感や問題がある場合は、専門業者に相談することをおすすめします。業者は適切な点検や診断を行い、異音の原因を特定して修理や改善策を提案してくれます。

解決までの道順


総合サポート
copyright©2019 東大阪水道 all rights reserved.