水道の専門用語リスト:残留塩素・三栄水栓

東大阪水道

収録用語

残留塩素
残留塩素は、水道における消毒のプロセスに関連する重要な概念です。塩素は、水道システムにおいて微生物の繁殖を抑制し、安全な飲料水を提供するために一般的に使用される消毒剤の一種です。残留塩素は、塩素が水中に残留している量を示します。
以下に、残留塩素について詳しく説明します。

●目的
a.残留塩素の主な目的は、水道システム内で微生物(細菌、ウイルス、寄生虫など)の繁殖を抑制し、水道水の安全性を確保することです。
b.残留塩素は、水道水が消費者に届くまでの間に微生物の再汚染を防ぐ役割も果たします。
●塩素の役割
塩素は、微生物の細胞膜を破壊することで微生物を殺傷する消毒効果を持っています。これにより、病気を引き起こす微生物のリスクを低減します。
●消毒プロセス
水道システムでの消毒プロセスでは、塩素や塩素化合物が水に添加され、微生物を殺菌・不活化します。この過程で一部の塩素は消費され、一部は水中に残留します。
●残留塩素の測定
a.残留塩素の量は、一般的に「mg/L(ミリグラム/リットル)」単位で表され、水道水中の塩素の残留量を示します。
b.安全な飲料水の基準には、一定の残留塩素濃度が推奨されており、微生物の制御に役立ちます。
●利点
残留塩素は、飲料水の消毒効果を保ち、微生物の再汚染を抑制することで、飲料水の安全性を確保します。
●適用
残留塩素は、主に飲料水供給システム、プール、浴槽、公共の水域、工業用水、農業用水などで広く使用されています。

残留塩素は、飲料水の安全性を保つために非常に重要な役割を果たし、水道システムで定期的にモニタリングされ、適切なレベルを維持することが必要です。



三栄水栓
三栄水栓(さんえいすいさん、Sanei Faucet Co., Lt d.)は、日本を拠点とする、水道設備・衛生設備関連の製造および販売を行う企業です。創業は1955年で、以来、水道設備や衛生設備の分野で高品質な製品を提供しています。

1.主な特徴と製品
●品質と信頼性
三栄水栓は、高品質な製品と安全性を重視しています。長年の実績と技術をもとに、信頼される製品を提供しています。
●製品ラインナップ
三栄水栓は、シャワーヘッド、蛇口、シンク、洗面器、トイレ、バスルーム用品など幅広い製品を取り揃えています。
●技術革新
三栄水栓は、技術革新に注力し、省エネや環境に優しい製品の開発に取り組んでいます。新しいデザインや機能を取り入れ、ユーザーのニーズに合わせた製品を提供しています。
●国際展開
三栄水栓は、日本国内だけでなく、国際的にも事業展開しており、世界中の多くの地域で製品を販売しています。

2.代表的な製品
●シャワーヘッド
シャワーヘッドは、水圧や吐水パターン、節水機能などに優れた製品があります。
●蛇口(フェーセット)
洗面台やキッチンなどで使われる蛇口は、デザインや機能面でバリエーション豊富です。
●洗面器
洗面台に取り付ける洗面器も、多種多様なデザインやサイズの製品が提供されています。

3.三栄水栓の使われ方
●家庭用
住宅やマンション、アパートなどの家庭用水道設備に幅広く利用されています。キッチンやバスルーム、洗面所などで三栄水栓の製品が使用されています。
●商業施設
ホテル、レストラン、オフィスビル、公共施設などでも、高品質でデザイン性のある三栄水栓の製品が利用されています。

三栄水栓は、品質、デザイン、技術革新を重視し、幅広い製品を提供しています。日本国内外で幅広いユーザーやプロフェッショナルに愛用されています。


取扱いメーカー


総合サポート
copyright©2019 東大阪水道 all rights reserved.